遠山野草園Toyamayasouen

遠山野草園
2021.10.14

ドウダンツツジ(ツツジ科) 251章 2021年5月号

家を囲むようにドウダンツツジが咲いています。白い小さな可愛い花なのでいつもはあまり気にも留めませんが、咲き出すとやっぱり嬉しいものです。「今年もきれいに咲いたね」と独り言を言っています。
和名満天星躑躅(どうだんつつじ)の満天星の標記は、中国語名をそのまま引用しています。日本ではドウダンは灯台(とうだい)の転訛(てんか)で、枝の分かれ方が、3本の木をひもなどで結び合わせ、上下を拡げて油皿をのせる、結び灯台の脚に似ていることに由来します。新芽と同時に若葉の間から四方に枝垂れて咲く、スズランに似た白いつぼ状の花を、びっしり咲かせます。我が家の剪定時期は、花が終わった5~6月頃で、翌年の花芽を付け始める前に刈り込みます。落葉低木で、刈り込みに強いので、生け垣や庭木としてよく植栽されています。
平成9年に母屋を新築したので、11年にドウダンツツジ200本を家の周りに植えました。立派に育って、毎年見事に白い花をたくさん咲かせてくれます。秋には、真っ赤な紅葉が楽しめます。あれから20年以上もたちます。4人の孫たちに「ばあちゃんが植えたドウダンツツジだよ」と教えてあげたいです。

満天星(どうだん)に我が家の歴史花の群れ

d1b42573b1b1e80cc7a73cf206ebdee7