遠山野草園Toyamayasouen

遠山野草園
2021.10.19

オオアラセイトウ(アブラナ科) 第119章 2010年5月号

近所からいただいた花の咲いたオオアラセイトウを、庭に何回か植えていますが、種からでないと育ちません。昨年、種からまいて今春に移植したら、やっと四弁花の紫色の花を見ることができました。来年はこぼれ種から繁殖するのを見られそうです。
オオアラセイトウは、ナノハナに似ているところから、一般的にムラサキハナナと呼ばれます。中国原産の越年草で、ショカッサイ、花と色が大根に似ていることからハナダイコンなどとも呼ばれています。草丈五十センチ程で、赤紫色や薄紫色の十字状花を咲かせます。食卓で食べられたり、観賞花として親しまれています。家では作業場の裏手に咲いています。隣によく似たオオバンソウが咲いていたので、どこが違うか友達と観察しました。二人で調べると、色の違い、葉の形、雄しべ雌しべの付き方の違いが分かり、とっても楽しいひと時です。
成田市役所から成田山に向かう旧道、成宗電車のトンネルを過ぎた土手は、ハナダイコンの紫です。夕暮れ時、風に揺れる紫があまりにも美しいので、何度も車窓から春の風物詩を楽しみました。

花大根花むらさきに土手染める

[pdf-embedder url=”/wp3/wp-content/uploads/2021/11/8891aaebcf09184fb7adf054b57cb78a.pdf”