JA成田市
成田市のお米
 JA成田市では、千葉県の産地銘柄である「コシヒカリ」「ふさおとめ」「ふさこがね」を中心に栽培されており、JA成田市の農業生産の中心的作物となっています。早生種である「ふさおとめ」は、8月下旬より出荷され、新米としてスーパーマーケットやお米屋さんのほか、業務用向けとして販売されております。主力品種は「コシヒカリ」であり、作付面積の60%以上を占めています。
 また、特別栽培米コシヒカリ「もっと安心米」、ちばエコ認証を取得した食味値の高いコシヒカリ「ハイ、おかわり」など、JA独自ブランド米も若い担い手生産者で栽培されています。「ハイ、おかわり」は、成田店やJAの直売所、宝田経済センター等で販売されております。
 平成26年からは、実需者要望品種「あきだわら」の栽培が大規模担い手生産者で開始されます。「コシヒカリ」以降の収穫となり、「コシヒカリ」に近い良食味で多収性を備えており、さらに倒状に強いことから今後の普及に期待されます。
〜成田産米コシヒカリ100%〜
成田産米ブランド『うなりくん米』発売中!

 JA成田市では、地元担い手生産者が丹精こめて生産したお米を独自の最新精米施設で精米し、成田産コシヒカリ100%の安全で美味しいお米『うなりくん米』を販売しています。当JAの宝田直売所でお求めになれます。また、宝田の経済センターでは、お米の配送業務も展開しておりますので、是非、ご利用下さい。
このページのトップへ戻る

成田市のさつまいも
 さつまいもは、用途により食用と工業用に分けられます。工業用さつまいもは澱粉を採ったり、アルコールの原料として利用されます。かつては成田周辺でも工業用が多く作付けされていましたが、現在はほとんどが食用さつまいもです。
 食用さつまいもは、成田市における畑作地帯の中心的な農産物です。その商品価値は、形や色などにより大きく左右される作物ですが、成田産のさつまいもは、昭和50年頃から中央市場で高い評価を受けるようになりました。昭和50年代後半までの品種は、「金時」「ベニアズマ」が中心となり、作付面積の約9割をしめています。
                  (H18「成田の農業」から。大栄・下総地区除く)
〜さつもいも新品種クイックスイート〜
成田特産干芋『甘芋ん(あま〜いもん)』も好評発売中!
JA成田市直売所・各支所にて
※期間限定11月〜2月下旬までとなります

 JA成田市では昨今、「ベニアズマ」に「九州30号」を交配して育成された新品種「クィックスイート」を、平成14年頃から試験的な栽培を始め、平成17年から本格的な栽培に取り組んでいます。従来の品種に比べ、半分ほどの加熱時間で甘味が出来、電子レンジ調理でも粉っぽくならずに、しっとりした食感に仕上がります。JA成田市では成田ブランドに向け、生産者への奨励で作付け面積の拡大を図っています。
クィックスイートについて詳しくお知りになりたい方は・・・
JA成田市園芸センター・園芸販売課
千葉県成田市十余三68-161 TEL0476(36)1541
このページのトップへ戻る

成田市の栗(くり)
 成田市の栗(くり)は、県内でも数少ない選果場のJA成田市園芸センター1ヶ所に集められ、粒のそろいがよいと市場でも好評です。成田市における栗(くり)の栽培は長く1953年ごろ。神奈川県から苗木を導入し、中郷・八生地区で試植したのが始まりです。その後、栗(くり)栽培の普及と、新品種の育成に取組み、1960年には「成田市栗生産組合」が結成され、最盛期には栽培面積250ha、取扱高130dにもおよびました。1985年には、地名にちなんだ品種『人丸』もここ成田市で誕生しています。
 成田の特産物として、かなりの面積を有していた栗(くり)も、団地の造成などで栗山が開発され、面積は1割近くになってしまいました。しかしながら、品質について京浜市場では、現在も高い評価を受け、「成田栗」として銘柄品となっています。
                (H18「成田の農業」を参照。大栄・下総地区を除く)
成田特産
〜成田栗(くり)〜

 秋の味覚、栗(くり)の出荷は9月〜10月中旬ごろまでです。生産・出荷にあたっているのは、『成田市栗生産組合』の約100戸。遠山地区を中心に約30ヘクタールに作付けられ、年間約40dが出荷されています。毎年2月には剪定(せんてい)講習会を開催し、低樹高栽培の改良型「成田版」と呼ばれる独自の剪定方法を学んでいます。近年では2L級を中心とした栽培に取り組んでおり、出荷時期は拾い上げが遅くならないよう、品質保持にも努めています。
栗(くり)のお問い合わせは・・・
JA成田市園芸販売課 TEL0476(36)1541
このページのトップへ戻る

クリームスイカ(黄玉)
 成田市におけるスイカの栽培は、赤玉・黄玉の2種類に大別されます。赤玉は主に遠山地区を中心に栽培されていますが減少傾向です。黄玉(クリームスイカ)は、古くから久住地区を中心に栽培され、栽培が難しいとされる技術をクリアして、良品の生産に成功し現在にいたっています。
 通常、露地栽培は8月にならないと収穫できませんが、現在では農業技術の進歩により、パイプハウス、大型トンネルや通常トンネルと3段階方式により、5月中旬〜8月中旬まで安定的に栽培しています。スイカは1個当たりが重い作物ですので、収穫にはかなりの労力を必要とします。標準として赤玉7〜8s、黄玉で12〜13sぐらいあり、割れやすいので機械化ができず、人力によって1個ずつ丁寧に収穫していきます。一方、栽培の省力化のため、ほとんどの農家で、受粉作業にミツバチをとり入れています。
 ちなみに黄玉は、果肉が黄色であることから、『クリームスイカ』と呼ばれています。カット販売されることが多く、適度な糖度とサッパリした歯ざわりで人気があります。
                 (H18「成田の農業」から。大栄・下総地区除く)
成田特産
〜クリームスイカ(黄玉)〜

 クリームスイカの全国的な産地・成田市では、年間およそ1500dが栽培され、関東から東北、近畿と幅広く出荷されています。赤玉より大きく、生産量が少ないのが特徴で、一般的に珍しい品種として、贈答用やデザートの飾りつけなどにも使われています。
 ちなみに、「茎の部分が細いもの」「黒い縞模様の濃いもの」が美味しいとされています。それに加え生産者は、スイカを叩いた音で美味しいスイカを見分けているそうです。出荷時期になると、JA成田市の直売所に並べられますのでご賞味ください。

日本農業新聞 2018年5月27日 13面 掲載
このページのトップへ戻る

落花生(ラッカセイ)
 千葉県を代表する作物の一つで、全国の7割を占めています。成田市でも、かつては1,000ha以上の作付けがありましたが、その後は集約的な野菜への作付転換などにより漸減し、現在ではピーク時の5分1以下となっています。
 昭和50年くらいまでは、「千葉半立」が約9割を占めていましたが、現在では約6割になり「ナカテユタカ」が約3割くらいを占め、その他にも、主にゆで豆用として「郷の香」が育成され栽培が始まっています。
  酒々井町においても、自然薯(じねんじょ)と並んで、冬期限定の特産品です。
                (H18「成田の農業」から。大栄・下総地区除く)
〜ラッカセイ『ぼっち』〜

 晩秋の北総台地の畑に、三角形の屋根をつけた円筒形の枯れ草の塊を見かけます。お化けきのこが、にょきにょき生えてきた景色。ラッカセイの『ぼっち』です。成田市でも数年前には、夏から冬に向かう一つの景観でしたが、その数も少なくなり『ぼっち』を発見すると、なぜか懐かしい気持ちにさせてくれます。
 収穫後のラッカセイを積み上げ、雨よけのわらをかぶせた『ぼっち』は、ラッカセイを自然乾燥させた先人の知恵。土からの湿気を防ぐため、稲わらなどを下に敷き、ラッカセイの実が上になるよう倒立させていきます。直径1メートル程度に丸く並べて荒縄で強く結束。その上からは実を内側に向けて放射状に丸く、1.8メートルの高さはどに積み上げます。中央部の空洞にもラッカセイを入れ、雨を防ぎ通風を図るため、頂部に稲わらがかぶされます。現在ではビニールシートなどが代わりに使用されていることが多いようです。
このページのトップへ戻る

成田の根菜類(ダイコン・ニンジン)
 ◆ダイコン
 トンネル栽培を含めた「春ダイコン」と「秋冬ダイコン」の栽培で、4〜6月と10〜12月に出荷されます。現在では、青首ダイコンが大半をしめています。スイカの後作や、サツマイモ・ニンジン等との輪作がされていて、成田の土壌にあっている作物です。成田市では平成元年度から、野菜の指定産地となっており、ダイコンの作付けを奨励しています。
 
◆ニンジン
 畑作物が全般的に減少しているなか、唯一、作付面積および収穫量を少しずつではありますが増加させています。春はトンネルで、秋から冬にかけて露地で栽培されています。品種は、「向陽2号」や「陽州5寸」が多く、かん水により発芽が安定しています。収穫は専用の掘取機や汎用型の掘取機を使い、選別機を取り入れ作業効率を向上しています。
 成田市ではこのほか、ゴボウ・カブ・レンコンなどの根菜類が栽培されています。
                  (H18「成田の農業」から。大栄・下総地区除く)
《その他農産物》
◇葉茎菜類=ネギ・ショウガ・レタス・ハクサイ・キャベツ・
                ホウレンソウ・タマネギ・つけな類
◇果 菜 類 =トマト・キュウリ・カボチャ・ナス・シロウリ・
                イチゴ・メロン
◇未成熟まめ類=未成熟トウモロコシ・エダマメ・サヤエンドウ
                  ・サヤインゲン・ソラマメ
◇果  樹 =日本ナシ
このページのトップへ戻る

成田の花卉(かき)
 ◆切り花
 施設では、カーネーションとバラが栽培され、一部ロックウール栽培が導入されました。カーネーションは従来の消費動向に即し、スプレー系の品種割合が多くなりました。
  
◆鉢 物
 シクラメン・カランコエ・ポインセチア・リーガースベゴニアなど、栽培品目はバラエティーに富み、花壇用品の生産も増加しています。底面給水施設の普及は90%、省力化が進んでいます。
『JA成田市第19回通常総代会資料表紙・成田市船形のシクラメン温室栽培農家』
(
写真・右)
『JA成田市第21回通常総代会表紙・成田市長沼のカーネーション温室栽培農家
(写真・左)
成田産シロウリ
 JA成田市では、「鉄砲漬」の原料であるシロウリ栽培を平成22年から地産地消活動として第6次産業化に取り組んでいます。栽培は遠山地区の生産者8名が行い、約50eに作付け、年間約30dが出荷されています。
〜成田産シロウリ使用『鉄砲漬』〜

 成田の『鉄砲漬』は、成田山の参拝客や観光客から産地の土産品として人気があります。コリコリした歯ごたえとあっさりとしたしょうゆ味が特徴で、ご飯と一緒に食べたり、お茶漬けの具にしても美味しい一品です。是非1度ご賞味下さい。

【販売場所】
■宝田農産物直売所   TEL0476(24)8611
■酒々井農産物直売所  TEL043(496)1000
【お問い合せ】
■JA成田市園芸課   TEL0476(36)1541
このページのトップへ戻る



JAバンクのご案内

JAネットバンクのご案内

JA共済のご案内

みんなのよい食プロジェクト

(公財)成田市農業センター

JA葬祭のご案内
成田市農業協同組合〒286-0022 千葉県成田市寺台292番地 TEL0476(22)6711・総務課 FAX0476(22)6718
個人情報/Copyright(C) JA NARITASHI All Reserved
トップページへ戻る