『愛され、親しまれ、信頼されるJA』を目指して
JA成田市



第11回JA成田市旗杯争奪少年野球大会



主催:成田市農業協同組合
後援:成田市少年野球連盟
協賛:千葉県厚生農業協同組合連合会
   (有)ホリカワスポーツ  ナガセケンコー
   トップインターナショナル
 JA成田市は今年も『JA成田市旗杯争奪少年野球大会』を開催いたします。
 【日程】
  開会式 令和元年6月23日(日):成田市 ナスパスタジアム
 
  決勝戦・閉会式 7月20日(土) 

 上記の日程で行われました。
 今年は参加チーム全39チームがぶつかり合いました。
 レポートはこの下をご覧ください。


【6月23日(日)開会式】

○開会式○

当日は生憎の曇天でしたが、雨にふられる事もなく全39チームがナスパスタジアムに集合いたしました。

開会式はまず選手入場より始まりました。

昨年の優勝チームのナスパマリーンズを先頭に入場してきました。
優勝旗とカップを持って誇らしげに見えます。


各チーム続々と入場してきます。


全39チームが揃いました。壮観です。


国旗掲揚。
回れ右をして全員脱帽。


開会宣言を当JAの専務理事、西山が大会の開会宣言をしました。


前回優勝チームのナスパマリーンズより優勝旗と優勝杯の返還です。



今年も優勝を目指して各チームが熱戦を繰り広げます。


主催者挨拶として、当JA組合長の設楽が挨拶をしました。
「我々が目指すことのひとつに「地域への貢献」があり、この大会を通して地域の活性化、子供達の育成という面で
お役立ちさせて頂いています」と挨拶しました。



続いて、成田市能年野球連盟会長の岩舘様(左上)、成田市長の小泉様(右上)、県議会議員で成田市野球連盟会長の小池様(左下)、
スポーツ少年団会長(全成田市市議会議長)の伊藤様(右下)よりご挨拶をいただきました。


来賓の方々です。


審判長から諸注意・大会特別規則の説明がありました。


ナスパマリーンズ、蓬田京翔選手による選手宣誓です。
大きな声で、長い宣誓をカンペも見ないで、素晴らしい宣誓をしていただきました。
組合長も「非常に感動した」と言っていました。


最後に当JAの常務理事の栗原による閉会通告で開会式を終了いたしました。

この後、参加者は成田市内の各球場(当日はナスパスタジアムを含めて8球場)に向かい、
熱戦を繰り広げます。

【大会各会場の熱戦の様子】

全てではありませんが、各会場を回ってきました。
熱戦の一部を紹介いたします。

ちなみに、ナスパスタジアムの第一試合で当JA役職員が始球式をやらせていただきました。

支給敷きに向かう、当JAの役職員。
赤白の帽子をかぶっています。
(左)ピッチャーの栗原常務
(中)キャッチャーの大木共済部長
(右)バッターの西山専務


肝心の投げている写真がありませんが、雰囲気は伝わるかと思います。
常務と部長はキャッチボールして、始球式に備えていました。

そしてプレイボール。
写真は各球場を回り撮影したものです。
各チーム・選手ともに力いっぱいのプレーが見られました。





各球場の熱戦の様子でした。

【6月29日】

生憎、小雨が降る中でしたが、各選手・チーム共にそれを感じさせない熱いプレーを繰り広げていました。


下総運動公園と遠山スポーツ広場の試合風景です。

今年は天候に祟られ、準決勝・決勝戦が7月20日まで延期になってしまいました。
これ以上の延期ができない日程の中、無事に決勝戦まで行うことができましたので、ご紹介致します。

【決勝戦】
決勝戦は、三里塚ライナースを準決勝で下した下総ファイターズと、同じく成少フォックスを下した富里ラディソンエンゼルスの戦いとなりました。

そして決勝戦の戦いの火ぶたは切って落とされました。


一進一退、手に汗握る素晴らしい戦いが繰り広げられました。



そして試合終了。


第11回JA成田市旗杯争奪少年野球大会を制したのは下総ファイターズでした。


【閉会式】

こうして無事に本年度の全日程を終了することができ、閉会式を残すのみとなりました。


トロフィー等と個人賞で送られる「うなりくん米」です。


優勝した下総ファイターズへ優勝旗と優勝カップの贈呈です。


優勝チームはもちろん、準優勝・3位の2チームにも各選手にメダルが送られます。
持って帰って記念にしてください。


個人賞もあります。最優秀選手は下総ファイターズの群司隼くん。決勝戦ではホームランを打ちました。
トロフィーとバットとうなりくん米が贈られました。
優秀選手賞・敢闘賞もトロフィーとうなりくん米が贈られましたよ。


組合長挨拶です。素晴らしい試合を見させていただきました。


そして最後の行進です。一列でグラウンドを1周しました。
ちなみに先頭で旗を持っている下総ファイターズの山崎絵梨さんはキャッチャーでキャプテンで男の子にも勝るくらいの女の子でした。すごいですね。時代を感じます。


優勝 下総ファイターズ


準優勝 富里ラディソンエンゼルス


3位のジュニアコスモス


同3位のジュニアコスモス

JA成田市は地域活性化の一環としてバックアップさせていただいていますが、大会が盛り上がってほしい中、若年層の減少や野球人口の減少が報じられています。
地域と一体になっているJAなので若い少年少女の活力は、何にも代えがたい宝の一つであります。
これからも引き続き本大会は続けていきたいと考えていますので、皆様の応援をよろしくお願いいたします。

【最終結果】


  成田市農業協同組合〒286-0022 千葉県成田市寺台292番地 TEL0476(22)6711・総務課 FAX0476(22)6718
個人情報/Copyright(C) JA NARITASHI All Reserved
トップページへ戻る